2017年08月31日

おとまり会 2017. 7. 20〜7. 21

7月になって、お泊まり会のおやつや夕食を何にしようか、グループ名はどうしようかなど、たくさん話し合い、スケジュール表やグループごとの看板を作り、みんなでおとまり会の準備をしてきました。子供たちは、「あと何回寝たらおとまり会?」と、お泊まり会の日を楽しみに待っていました。

集合 3:00
大きなリュックとわくわくドキドキの気持ちを一緒に抱えて、みどり組のお友達が元気に集まりました。

礼拝 3:05
初めに礼拝をしました。きくこ先生から「恐れるな。わたしはあなたとともにいる」というみことばをおしえていただきました。神様がいつも一緒にいてくださることに感謝して、また、楽しいおとまり会になるように、みんなで心を合わせてお祈りしました。

おやつ 3:30
おやつはみんなで決めたかき氷でした。いちご味とソーダ味のどちらか好きな味のかき氷を食べました。「おいしい」「混ぜるともっとおいしい!」とみんな大満足のおやつタイムでした。

お買い物 3:50
みんなでスーパーに食材を買いに行きました。夕食と朝食に必要なものをグループごとにそろえます。「おもちゃは買わないよ!」「しめじはどこ?」など、グループの仲間と協力しながら食材を探しました。重い荷物を持つ帰り道では、自然と子供たちどうしで「がんばれ!」と声をかけ合っていました。

そば、うどん作り 4:00
買ってきた食材でみんなで楽しくお料理をしました。そばやうどんの汁に入れる野菜やかまぼこ、油揚げ、ちくわなど、たくさんの具材を一つずつ包丁で切りました。「初めて切った!」と喜ぶ子、包丁にドキドキの子、「おうちでもしているから」と自信満々な子もいました。順番を待っている間、包丁を使うお友達を見ながら、切る動作を手で真似ている子供もいたりと、温かい雰囲気の中で夕食作りが進みました。

夜ごはん 6:00
お出汁のいい香りがして、お楽しみの夜ごはんの時間になりました。事前にうどんに決めていた子はうどん、そばに決めていた子はそばをニコニコの笑顔で食べました。自分たちが作ったうどんやそばに「おいしい!」と喜び、汁も飲み干していました。いっぱい動いておなかペコペコの子は、うどんかそばを食べた後にごはんにふりかけをかけて食べていました。中には、「4回もおかわりした!」という子もいました。みんなといただく夕食は格別でした。

探検 7:00
夜ごはんの後は皆で探検に行きました。ドキドキわくわくしながら、懐中電灯で暗い道を照らして歩きました。河原に着いて、「あ! コウモリだ!」「カエルがいる!」とたくさんの生き物を発見し始めた子供たちは、目を輝かせながら、夜空や田んぼの水路、脊柱の穴などを観察していました。「なぞの生き物がいた!」「一番星見つけた!」など、子供たちの発見の声があちらこちらから響いていました。

花火
探検の後は園庭で花火をしました。ちょっとドキドキする子もいましたが、お友達どうしで「きれいだね! あ! 緑色になった! 黄色になった!」と色の変化を楽しんでいました。先生たちが花火をすると、子供たちは「がんばれー!」と応援し、盛り上がりました。

おやすみなさい 9:00
探検と花火の後はシャワーを浴びてスッキリ。一日の汗を流し、いい気持ちでお布団に寝ころびました。最初はぬいぐるみを見せ合ったりお布団の上でじゃれ合ったりしていましたが、絵本を読んでもらい、お祈りをしてお布団に入ると、すぐ夢の世界へ。おやすみなさい。

おはようございます 6:30
明るい朝になり、「おはよう〜」と目を覚ましました。みんなでお布団をたたみ、朝ごはんを作ります。食パンにチーズをのせ、チーズがとろーりとするまでオーブンで温め、ロールパンにはボイルしたウインナーを挟み、包丁で切って、朝ごはんの完成です。

朝ごはん 7:30
みんなで作ったチーズパンとウインナーパンに、プチトマトやホウレン草、ジュースなども添えて、おいしい朝ごはんを食べました。バイキング形式の朝ごはんだったので、みんな自分が気に入ったパンを何度もおかわりしていました。朝からいっぱい食べて元気モリモリになりました。

礼拝 9:00
最後に礼拝をし、神様がこのおとまり会の間みんなをずっと守っていてくださったことに感謝しました。「これからも神様はいつでもみんなと一緒にいてくださるから、みんなはどんなことでもできるんだよ」と先生に励ましてもらいました。そして、このおとまり会をがんばったごほうびに金メダルをもらいました。

子供たちは、二日間のおとまり会で喜び、楽しさ、緊張、不安など様々なことを感じたと思います。心が折れてしまいそうになった子供もいるかもしれません。でも、その中で友達の存在に励まされ、喜びや不安を分かち合い、絆がより一層深まったのではないでしょうか。「みどり組だけのおとまり会」が子供たちにとって大きな喜びとなり、この達成感がこれからの子供たちの自身や力につながっていくとうれしいです。これからもさまざまな活動を共に楽しみ、乗り越え、支え合っていくみどり組であることを願っています。
posted by office at 00:00| こひつじだより:みどり組

2017年07月19日

愛されて育つ 〜気持ちよく〜

今年もどろんこ遊び、プール遊びの時の子どもたちは笑顔でいっぱいでした。

どろんこ遊びではおだんこを作ったり、バケツに水をくんでは砂場に流して池や川を作ったり、園庭の一角ではエステティシャンになって手足にトロッとした泥の固まりをつけたり、それぞれ自由に遊びました。躊躇していた子もも自分で少しずつ池に近づいて足を踏み入れて思わずにっこり笑みがこぼれ、気持ちよさを発見したようすにうれしくなりました。

プール遊びでも、水をかけ合ったりビート板で浮かんだりしながら、「先生、楽しい」「あー、きもちいい」と笑顔でいっぱいでした。

多くの子どもたちにとって、土、砂、水とかかわり、手や足の裏の感触を楽しみながら固めたり、崩したりすることは、おもしろく気持ちよいことです。その中で子どもたちは満足し、新しい発見をたくさんしていきます。たくさん遊んで、感じて、心を満たされ、たくましく育ってほしいと思います。
 
posted by office at 00:00| お知らせ

ラミイタイム

梅雨に入っても元気いっぱいの子どもたち。晴れた日は園庭で三輪車や大型ブロック、固定遊具を使って、ごっこ遊びを楽しんだり、なわとびや鉄棒に挑戦する子どもの姿もありました。雨の日には絵の具で遊びました。絵の具を初めて使う子、慣れていない子が多く、紙の上で様々な色が混ざって黒っぽい絵になってしまったり、同じところばかりに色をぬり、紙に穴があいてしまった子もいましたが、それぞれが好きなように絵の具遊びを楽しみました。
posted by office at 00:00| こひつじだより:ラミイタイム

船作り

少しずつ暑くなってきたので、みどり組の子どもたちは、水の中で遊べる船を作ることに決めました。上手にハサミで牛乳パックを半分に切り、割り箸や輪ゴムでプロペラ用の牛乳パックを付けて完成です。油性ペンで一人ひとり個性を生かした絵を船体に描き、“自分の船”に大喜びでした。小さなプールで実際に船を走らせてみると、自動で動く船に子どもたちはみんな大興奮で、互いの船を競争させたり潜らせたりと笑顔で遊んでいました。自分で工夫して何かを作り上げることを喜び、今の季節に水を使って遊ぶことの楽しさを味わいました。
posted by office at 00:00| こひつじだより:みどり組

おいもほり

今年もみんなでじゃがいも掘りに行かせていただきました。「掘れないよ〜」「じゃがいもないよ〜」という声があちらこちらから聞こえてきましたが、「こうやって掘るんだよ」「一緒に掘ろう」と言いながら掘っていくうちに「あった!」「たくさん出てきた!」と喜ぶ声が聞こえてきました。たくさんのおいもを穫り、袋いっぱいにしていました。帰りは袋が重くて大変でしたが、みどり組さんが袋を持つのを手伝ってくれました。給食後には掘りたてのおいもを食べ、何度もおかわりしていました。楽しく土と触れ合う良い経験となりました。
posted by office at 00:00| こひつじだより:き組

ひよこ作ったよ

6月の絵本『たまごのあかちゃん』を読んでひよこの工作をしました。初めに新聞紙を思い切りちぎったり、雨を降らせてみたりして新聞遊びを十分に楽しみました。新聞遊びの後に新聞紙をギュッギュッと丸め、たまごの形を作りました。顔も自由に描き、好きな色のモールを選んで口ばしにし、手の形のフェルトを貼りました。子どもたちから「早くおうちに持って帰りたいな」という声が聞こえてきました。でき上がったひよこを持ち、みんなで遊びました。とてもかわいらしいひよこができてうれしそうでした。
posted by office at 00:00| こひつじだより:あか組