2015年11月17日

「平和」をつくる――きもちがいい――

プレイデイのテーマは「おおきなありがとう」でしたが、「ありがとう」ということばを聞くだけでうれしくなります。毎日のちょっとしたことにも「ありがとう」ということばが出ると、周りがとても和やかになります。今月はき組のお茶会があります。お茶をいただくときもありがとうと感謝し、先隣りの人に「お先に」とあいさつしていただきます。共に生きる者として、周りに支えられていることを感謝し、与えられた力を出し合って、助け合って生活する喜びを味わいたいと思います。
posted by office at 14:02| こひつじだより:全般

ミニコンサート

今年度も、園児のお父様とお母様によるコンサートが開かれました。お父様はバリトン歌手、お母様はピアニストとして活躍しておられます。

今年もすばらしい声とパフォーマンスで子供から大人まで魅了したお父様。そして、お母様の奏でる一音一音が耳から脳へ渡り、心の奥まで響きました。子供も喜び、最後は全員で「鬼のパンツ」を歌い、拍手喝采で幕を閉じました。
posted by office at 13:59| できごと

星めいろ 〜おもてなしの心で〜

みどり組で迷路ごっこを計画し、秘密で準備が進められました。それぞれが自分のやりたいことやできそうなことを選び、多くの準備をし、迷路を完成させました。ほかのクラスの子供たちを招いた当日の係もそれぞれの希望する役割を担いました。お客さんの肩に手を添えて「こっちよ!」と案内する人、「どっちのドアを選ぶかな〜。……そう、当たり!」と盛り上げる人、落とし穴に落ちた人と一緒に笑い、そっと手を差し伸べる人、ドアをくぐるのに大変だとドアを押さえる人、皆が喜ぶように自分で考え、係の仕事以上をする子供たちに大きな感動を覚えました。来た人に「楽しかった」と言ってもらえ、すてきな経験となりました。
posted by office at 13:57| こひつじだより:みどり組

制作帳 〜ちぎって、貼って、工夫して〜

10月の絵本『まっくろネリノ』を読んで、シール貼り、ちぎり絵、プラ板で制作帳に取り組みました。基本的なやり方を教えてもらって作り始めると、材料を使い切ってしまったり切りすぎたりと失敗しながらも、自分なりに工夫して個性のある制作帳になりました。特にプラ板作りはいちばん盛り上がりました。プラスチックのコップに色を付け、オーブンで熱すると円盤の形になります。「とけたー! すごーい!」と大興奮。お土産のキーホルダーも作り、楽しい活動となりました。
posted by office at 13:53| こひつじだより:き組

イモザウルスあそび

『おおきなおおきなおいも』の絵本を読みました。みんなこの絵本が大好きです。そこで、絵本に出てくる恐竜イモザウルスを段ボールに絵の具を塗ってみんなで作りました。体の飾りはカラフルな手形です。作るときに絵本のせりふを言って楽しむ子もいました。完成すると全員が中に入って、「出発進行!」の合図で動き出し、「きゃー!」と歓喜の叫び声を上げました。「先頭がやりたい!」「もう1回やりたい」とボロボロになるまで遊び、盛り上がりました。
posted by office at 13:49| こひつじだより:あか組