2016年10月30日

心にとめて ――試行錯誤――

子供たちは上手になったことやできるようになったことをよく見せてくれます。その時の満足したようすがとてもいいと思います。自分の気に入った遊びを何度も繰り返したり、その子なりの小さなチャレンジをしたり、試行錯誤したりしながら、日々の遊びを通して成長した新しい自分を喜んでいるように思います。

私たちは、子供たちの心身の発達の基礎を作っていくために自発的な遊びを大切にしています。その中で子供たちがどれだけ達成感や充実感を得ているのか大切に受け止め、支えていきたいと思います。
posted by office at 19:16| こひつじだより:全般

こひつじクラブの夏

こひつじクラブ(預かり保育)のお友達は夏休みも元気いっぱい。プール遊びに工作、おやつ作り……。暑い日のかき氷はとてもおいしかったです! たくさん遊んで、体を休める時は休む。メリハリのある生活を送ることができました。

9月は雨の日が続き、室内で過ごすことが多くなりました。電子オルガンをノリノリで引いたり、椅子で家を造りおままごとをしたり、それぞれ楽しみを見つけていました。

これから気候がよくなります。虫や草木に触れる機会を作っていきたいです。
posted by office at 19:13| こひつじだより:ラミイタイム

ザ・チャンピオンズ・マーチ 〜12人の鼓隊〜

プレイデイに向けてがんばった太鼓の練習。リズムや移動をみんなで覚えて作り上げていきました。重い太鼓でしたが、「疲れた。嫌だ」などのマイナスのことばはなく、本当によく頑張っていました。また、難しい部分は子供どうしで声をかけて助け合い、どんどん上手になりました。1曲演奏する間、集中する子供たちの顔はきりっとしています。終わった後のやりきってホッとした顔からは子供たちが達成感を味わっていることが感じられ、それとともに子供たちの成長も感じます。当日の演奏も最高で、みんなすてきでした。
posted by office at 19:10| こひつじだより:みどり組

プレイデイごっこ

9月からプレイデイごっこが始まりました。ゲームでは、自分の番が来ると真剣な顔でハードルを飛び、トンネルをくぐり抜け、次の子にタッチし、同じチームの子を声を挙げて応援していました。ダンスのときには踊りもすっかり覚えて、ハチの衣装をつけて元気いっぱいに踊っていました。張り切って取り組む子、少し疲れてしまった子など、さまざまな姿がありましたが、一人一人が一生懸命に取り組むことができました。子供たちの力につながったことと思います。
posted by office at 19:05| こひつじだより:き組

初めてのプレイデイ

夏休みが明けてから、プレイデイに向けてプレイデイごっこに励む日々が始まりました。あか組とピンク組のほとんどの子供たちにとって初めて挑戦することだらけで、最初は戸惑い気味でしたが、日を追うごとに自信をつけ、一生懸命に取り組む姿が見られるようになりました。子供たちどうしで応援し合ったり、整列位置に迷っているお友達に「こっちだよ」と声をかけて協力し合ったりする姿があり、プレイデイごっこを通して、子供たちのきずながより深まったように感じました。
posted by office at 19:02| こひつじだより:あか組