2016年12月20日

心にとめて ――喜び――

毎年、こひつじ学園のクリスマス礼拝では、子供たちがビンにためた小銭を献金しています。献金ビンを作って持ち帰る日、前にささげた献金がバングラデシュで困っている人々の毛布の購入にあてられ、とても喜ばれたことを子供たちに話しました。また、世界には水道がなくて清潔な水が飲めない人や、お金がないために学校に行きたくても働かなければいけない子供、鉛筆や紙がほしくても買えない人、手に入らない人、十分な食べ物がない人がいることも話しました。そして、これから子供たちがためてささげる献金をバングラデシュの困っている人たちにあげることを話すと、ある子が「ぼく、お財布に600円あるよ。それをビンに入れる」とこたえてくれました。「ぼくも」「私も」と次々に言う子供たちの優しい気持ちに心が温かくなりました。小さな働きですが、世界の困っている人々を覚えて、その方々の幸せを願い祈りつつ、ほかの人々のために自分でできることをさせていただけるのは感謝です。
posted by office at 11:52| こひつじだより:全般

新しいお友達

12月からラミイタイムに新しいお友達が増えました。雰囲気も少し変わり、楽しさも増えました。お祈りなど慣れないこともあるけれど、先輩たちが優しく教えている姿があり、頼もしいかぎりです。

みんなが大好きな時間、それはおやつの時間。会話を楽しみながら、チョコやゼリー、おせんべいを食べています。手作りおやつのアップルパイは大好評でした。これから午前保育の日が多くなり、ラミイタイムの時間も長くなるので、子供たちにもおやつ作りを手伝ってもらおうと思っています。
posted by office at 11:50| こひつじだより:ラミイタイム

チャレンジカード

今年もみどり組はチャレンジカードに取り組んでいます。チャレンジの内容はさまざまで、鉄棒で前回り、なわとび、室内でお手玉やまりつきなど、それぞれが前向きになって、苦手なことや経験していないことに挑戦しています。目標を持って黙々と取り組む子もいれば、友達からの刺激を受けてがんばる子、「絶対に抜かすぞー!」と負けない気持ちで燃えている子。そのがんばる気持ちとやる気を大切に、いろいろなことに挑戦して自信をつけていってほしいです。
posted by office at 11:48| こひつじだより:みどり組

みんなで作ったクリスマスツリー

『みんなでつくったクリスマス・ツリー』の絵本を読み、三角形に切った段ボールを緑に塗りました。そこに、木の実やストロー、スパンコールなどで自由に楽しく飾り付け、とてもすてきにできました。15個合わせると、大きなクリスマスツリーができ上がりました。完成した大きなツリーを目にした子供たちは飛び上がって喜びました。一人一人の力が集まると大きな力となり、すてきなものができると感じ取ることができたと思います。
posted by office at 11:47| こひつじだより:き組

クリスマスツリーとひつじさん

11月のクラス活動では、クリスマスツリーとひつじを作る制作活動をしました。まず貼り絵でツリーを表現し、担任の「飾り屋さん」に一人ずつ来て、「ハート大好き〜」「丸がいい!」など、好きな飾りをそれぞれ選んで貼り付け、みんな素敵なツリーを作りました。ひつじは、一人ずつ顔を描き、綿で体を作り、表情豊かなかわいいひつじができました。それぞれの個性が生かされた、クリスマスらしい作品になりました。
posted by office at 11:46| こひつじだより:あか組