2018年05月24日

イエスさまとともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 動く

新年度が始まって1か月がたちました。緊張していた子供たちでしたが、ブロックで作った乗り物を動かしているお兄さんの後をにこにこの笑顔で追ってみたり、おままごとやレールや三輪車や砂遊びなど興味を持って遊び出したりしています。安心感を持って動き出せてうれしく思います。周りのお友達がのびのびと遊んでいる姿を見て「ぼくもやってみたい」とたくさんの刺激を受けています。友達と遊ぶ中で、これから自分と他者との違いを知っていくことでしょう。たくさんのぶつかりあいや葛藤を通して、悩み、考え、やがて理解し合い、“共に生きる”ことを学んでいきます。認め合い、力を合わせることの楽しさ、喜びを味わうまでの歩みを大切にしたいと思います。
posted by office at 09:24| お知らせ

新しいお友達と一緒に

4月から、あか組のかわいいお友達2名を迎えてスタートしたラミイタイム。それぞれ進級して元気いっぱい、パワーアップしています。最近、男の子たちは、レゴブロックでそれぞれ工夫をして飛行機や車を作っています。大人では思いつかないブロックの使い方に驚かされます。オセロゲームも保育者と真剣勝負。異なる年齢の子供同士、笑い、怒り、泣いたりしながら仲間という意識が育ってきている春です。
posted by office at 09:23| こひつじだより:ラミイタイム

誕生会のデザートづくり

4月の誕生会のデザートにいちごのババロアを作りました。材料を泡だて器でかき混ぜる時は、まるで本物のパティシエのようでした! いちごのいい香りで包まれた部屋でそっとカップの中に真剣な顔でババロアを入れていました。作り終わったあと先生たちのところに行き、「ゼリー作った!」と報告する子もいて楽しかったことだと思います。誕生会当日は、固まったババロアを見て「固まるんだね〜」と驚きと喜びを持っていました。お店屋さん気分のみどり組でした。
posted by office at 09:23| お知らせ

みんなで原っぱへ

よく晴れた暖かい日に、き組は原っぱへ行きました。原っぱでは、まず準備体操を兼ねて全身を動かして手遊び「かなづちトントン」と「しあわせなら手をたたこう」をしました。すると、子供たちから「おにごっこをしたい」という声が上がってきて、「こおりおに」をすることになりました。逃げる子供たち、追う子供たち、みんなで協力して一生懸命に原っぱを駆け回りました。こおりおにの後には、みんなでカエルを捕まえたり、たんぽぽの綿毛やお花を摘んだりして、自然の中でゆったりと過ごしました。
posted by office at 09:22| こひつじだより:き組

うれしいお弁当の時間

「これからお昼にするよ」と言うと、子供たちは「やった〜!」「はやく食べたい」と言うくらいお昼ごはんを楽しみにしています。石鹸でよく手を洗って、お弁当を机に並べ、お祈りをしてから食べます。「これおいしいよ」とニコニコしながら食べていたり、お友達と「枝豆が入ってた」「私も入ってた」と会話をしたり、「お弁当箱が一緒だ」と発見して盛り上がったりしてとても楽しそうです。完食すると、「ピカピカになってるね」と先生にほめてもらって喜んでいます。
posted by office at 09:21| こひつじだより:あか組