2018年11月13日

イエスさまとともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 遊びこむ

 庭先の柿の実も園庭のクロガネモチの実も真っ赤に色づき、秋の深まりが感じられます。お芋掘り、お散歩、原っぱでの遊びの中で、子供たちと共に神様からの秋の恵みに感謝しながら過ごした日々でした。
 「明日また続きしようね」と笑顔であいさつを交わす子供たち、これまでかかわりが少なかった仲間と一緒にサッカーをして盛り上がる子供たち、お互いに役を決めてごっこ遊びをする子供たち、本当に楽しそうです。けんかしても自分たちで話し合って解決できるようになった子供たちは、お互いが特別なかけがえのない存在になっています。相手のことを思って譲ったり我慢したりして折り合いをつけています。それぞれの個性を理解し合って相手のことを思いやる気持ちが育っていることは、神様の豊かな恵みと感謝します。
 成長させてくださる神様を信じ、子供たちが遊びこめる環境をしっかり作っていきたいと思います。
posted by office at 19:38| こひつじだより:全般

水曜日のラミイタイム

幼稚園部が午前保育の水曜日はラミイタイムが長いので、原っぱや園庭でゆったりと遊んでいます。「ダンゴムシを見つけたい」と言って園庭に出てきて、ダンゴムシがいそうなところを探したこともありました。ダンゴムシを見つけたら、空き箱に入れ、「ダンゴムシは何を食べるんだろう」と絵本を読んで考え、土や石を入れたり葉っぱを入れたりして、みんなでダンゴムシを観察しました。また、今まで散歩に行ったことのない場所に「ミステリーツアー」と名づけて散歩に行きました。子供たちは、「赤い葉っぱが落ちてるね」「コイ見つけた」と秋の自然や生き物に触れることができました。
posted by office at 19:32| こひつじだより:ラミイタイム

秘密基地 〜力を合わせて〜

みどり組のみんなで秘密基地を作りました。作るときの約束をみんなで決め、壁やいすの色は、時間がかかったのですが、子供たちだけで話し合って決め、友達と協力し合いながら進めていきました。段ボールや牛乳パックが足りないと伝えると、お家から持ってきてくれる子もいました。でき上がったものを原っぱに運び、ピンク組、あか組、き組を招待しました。みんなが喜んでくれて、みどり組もうれしそうでした。一つのことに向かってみんなで協力する楽しさを感じることができた秘密基地になったと思います。
posted by office at 19:29| こひつじだより:みどり組

みんなで見つけた秋

き組のみんなで土手から原っぱまでお散歩しました。秋晴れの澄んだ空のもと、心地よい風を感じながら歩くうちに、自然と子供たちの中から「あの雲、さかなみたいだね」「コスモスがきれいだよ」など、さまざまな発見の声が上がってきました。スイスイと川を泳ぐ魚の群れを見て、「百人兄弟かな」「いや、“十百人”兄弟だよ!」と話し合う、かわいらしい姿もありました。原っぱでは、どんぐりを拾ったり大好きな追いかけっこをしたりと、元気いっぱいに遊びました。皆で秋の自然を楽しむときが持てたことに感謝します。
posted by office at 19:26| こひつじだより:き組

「おいしくなーれ!」

お誕生会前日、子供たちは「お誕生会だから何か作るんでしょ?」と、デザートづくりを楽しみにしていました。順番にかぼちゃをフォークでつぶして、オレオクッキーを麺棒で砕いたりボウルに材料を入れて混ぜたりしました。お友達が混ぜている間は、声を合わせて「おいしくなーれ!」と言っていました。ケーキの名前は、「かぼちゃケーキ!」「オレオも入れたよ?」「じゃあ、かぼちゃオレオケーキにしようよ!」とみんなで話し合って決めました。焼き立てのケーキを試食する時は、「みんなで作ったからおいしいね」と喜んでいました。誕生会のときは、みんなから「おいしかったよ」と言われて、「どういたしまして」ととてもうれしそうでした。
posted by office at 19:22| こひつじだより:あか組