2019年05月29日

ことばに満たされて 〜ひびきあう〜 見つけたよ

春のこひつじ学園では、笑い声と共に泣き声も響いています。今年は慣れてきたところに長いお休みがあり、子供たちの心が揺れやすくなります。悲しみや不安を心の奥に押し込めず、泣いて表現できる子供は幸せだと思います。不安な気持ちを出せずにがんばる子、不安や甘えからいばったりだだをこねたりして大人の愛情を試す子供の姿もあります。言動の奥にある思いを察していきたいと思います。見守るということは、よく観察して思いを察する時間だと思うのです。すぐに分かった気にならないで、見守り、受けとめ、かかわっていきたいと思います。子供たちの姿や困っていること、悩んでいることをお家の方々と話し合いながら、協力し合って、子供たちを理解し、かかわっていきたいと思います。神様がどんな時も共にいてくださり、子供たちも私たち大人も愛し、成長させてくださることを信じ、期待してゆっくり見守っていきましょう。
posted by office at 13:03| こひつじだより:全般

いっぱい眠って、いっぱい遊ぼう!

少しずつ季節が進み、汗ばむ陽気になってきました。幼稚園部の時間が終わったあとのラミイタイムはまずお昼寝から始まります。今年度から掛布団と一緒にシーツも持ってきていただくようになりました。「自分の場所」ができたことで、子供たちもより安心して午睡をしています。たくさん眠って、遊び疲れた体を癒した後は、みんなでおやつを食べて、レゴやunoなどの室内遊びとこおりおにやサッカーなどの戸外遊びを楽しんで過ごしています。
posted by office at 13:02| こひつじだより:ラミイタイム

ピクニック

全員揃ってみどりの広場に行くことができました。晴れた良い天気のもと、長い道のりを歩きました。地図をよく見て、「こっちに行くのかな?」「こっちじゃない?」と言いながら、シールラリーを楽しみました。チェックポイントを見つけると、「あれだ!」「あった! あった!」と大喜びでした。広場はちょうど桜の散っている時でじゅうたんのようになっていて、「きれいだね!」「桜の絨毯だね」と話していました。お弁当やおやつを食べ、その後は走ったり石に登ったりして楽しく過ごせました。翌日、「ピクニック楽しかったね!」という声がいっぱい聞けてうれしかったです。
posted by office at 13:01| こひつじだより:みどり組

春の自然

き組のみんなで原っぱに行きました。広い原っぱを目にした新入のお友達は「わぁ、広い」と大興奮。お友達とこおりおにをする子、見つけたてんとう虫に早く触りたい気持ちを抑えて、順番を守って触る子、芝生の上をゴロゴロ転がる子と、さまざまな子供の姿がありました。「気持ちいいね」「太陽も出てるね」と春の空気を体で感じることができました。自分のしたいことを見つけ、のびのびと楽しい時を過ごせたと思います。
posted by office at 12:59| こひつじだより:き組

お弁当タイム

元気に園庭や室内で遊んでクラス活動をした後は、それぞれのクラスに分かれてお弁当タイム。あか組では「○○ちゃん一緒に食べよう」と友達を誘ったり、うれしそうにお弁当を持って席に座ったりする姿が見られます。食事をくださる神様に感謝する賛美歌を歌い、お祈りしてからみんなで「いただきます」をして食べます。お母さんが作ってくださったお弁当をうれしそうに開け、「僕、ウインナー入ってた」「すごいよ、私のお弁当」と教えてくれます。早く食べ終わった子が「○○くんがんばれ」と友達を応援する姿も見られ、ほっこりする日々です。
posted by office at 12:59| こひつじだより:あか組