2017年07月19日

船作り

少しずつ暑くなってきたので、みどり組の子どもたちは、水の中で遊べる船を作ることに決めました。上手にハサミで牛乳パックを半分に切り、割り箸や輪ゴムでプロペラ用の牛乳パックを付けて完成です。油性ペンで一人ひとり個性を生かした絵を船体に描き、“自分の船”に大喜びでした。小さなプールで実際に船を走らせてみると、自動で動く船に子どもたちはみんな大興奮で、互いの船を競争させたり潜らせたりと笑顔で遊んでいました。自分で工夫して何かを作り上げることを喜び、今の季節に水を使って遊ぶことの楽しさを味わいました。
posted by office at 00:00| こひつじだより:みどり組