2017年07月19日

愛されて育つ 〜気持ちよく〜

今年もどろんこ遊び、プール遊びの時の子どもたちは笑顔でいっぱいでした。

どろんこ遊びではおだんこを作ったり、バケツに水をくんでは砂場に流して池や川を作ったり、園庭の一角ではエステティシャンになって手足にトロッとした泥の固まりをつけたり、それぞれ自由に遊びました。躊躇していた子もも自分で少しずつ池に近づいて足を踏み入れて思わずにっこり笑みがこぼれ、気持ちよさを発見したようすにうれしくなりました。

プール遊びでも、水をかけ合ったりビート板で浮かんだりしながら、「先生、楽しい」「あー、きもちいい」と笑顔でいっぱいでした。

多くの子どもたちにとって、土、砂、水とかかわり、手や足の裏の感触を楽しみながら固めたり、崩したりすることは、おもしろく気持ちよいことです。その中で子どもたちは満足し、新しい発見をたくさんしていきます。たくさん遊んで、感じて、心を満たされ、たくましく育ってほしいと思います。
 
posted by office at 00:00| お知らせ