2017年12月20日

愛されて育つ 〜一緒に〜

クリスマスに向けて

 こひつじ学園ではクリスマスをとても大切にしています。11月中旬ぐらいから、毎日の礼拝でクリスマスの賛美歌をたくさん歌い、クリスマスのお話を聞いて、みことばをいくつか暗唱します。その中で、神であるイエス様が私たちを救うためにお生まれくださったことを知り、そのイエス様に感謝し、喜び、クリスマスを待ち望んでいきます。
 今年も、おうちの方のためにと小さな手を動かしてプレゼントを作りました。また、素焼きのオーナメントも作って、クリスマスツリーに飾ります。各クラスでも工作を飾りました。
 12月のクリスマス礼拝の日には、おうちの方と一緒にたくさんの賛美歌を歌い、みことばを言いながら、イエス様に感謝します。そのあとの祝会では、初めてのクリスマスのできごとを音楽劇にして全員が出演します。年少組は羊です。年中組は星になってハンドベルを演奏します。年長組は、さまざまな役を務めます。年少組や年中組の子供たちは、お兄さんやお姉さんの姿を見て、「みどり組になったら、○○役をするんだ」と憧れ、皆が張り切って取り組んでいきます。
 クリスマス礼拝、祝会には皆の健康が守られ、心を合わせて神様に感謝する時となるよう祈っています。
posted by office at 16:45| こひつじだより:全般