2018年06月21日

イエスさまとともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 感じる

暑い日の多かった5月でしたが、湿気のないさわやかな毎日でした。園庭では大なわとびや鉄棒、なわとびに挑戦する子供たちが、「先生、見てて!」と鉄棒の前周りや「豚の丸焼き」や自分で考えたわざを見せてくれます。生き生きとしてとてもいい表情です。大なわとびも、初めは1回も飛べなかった子供たちが、何度も繰り返す中で20回、30回とどんどん記録を伸ばし、跳び方も上手になってきて、できるようになったことを喜んでいます。新しく挑戦し、自分でしようとすることが増えると楽しさを感じますが、うまく行かないことも多くあります。「うまく行かなくても大丈夫。もう一度試してみよう」と思える歩みであってほしいと願っています。子供たち一人一人の興味や関心を重んじ、それぞれのペースを尊重し、子供たちを見守り、小さな発見とともに喜んでいきたいと思います。
posted by office at 12:48| こひつじだより:全般