2019年06月28日

ことばに満たされて 〜ひびきあう〜 関わり合う

5月、自分の居場所を見つけた子供たちは、「おもしろそう」「何だろう」と周りのことに目を向けられるようになりました。「試してみよう」と踏み出していく姿があちこちで見られます。

どろんこ遊びでは、砂を横へと掘り進める人、バケツの水をその堀にせっせと流す人と、知らない間に役割が決まり、長い川ができたことをみんなで喜びました。バケツいっぱい泥を入れて楽しそうにかき混ぜる人、泥を作ってペタペタ触って「気持ちいいね」と感触を喜ぶ人と、子供たちは裸足になって夢中で遊びました。

モノや自然、人との出会いを通して子供たちは楽しさを感じます。神様からいただいたものに感謝し、喜びをたくさん見つけていってほしいと思います。
posted by office at 13:15| こひつじだより:全般