2018年06月21日

イエスさまとともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 感じる

暑い日の多かった5月でしたが、湿気のないさわやかな毎日でした。園庭では大なわとびや鉄棒、なわとびに挑戦する子供たちが、「先生、見てて!」と鉄棒の前周りや「豚の丸焼き」や自分で考えたわざを見せてくれます。生き生きとしてとてもいい表情です。大なわとびも、初めは1回も飛べなかった子供たちが、何度も繰り返す中で20回、30回とどんどん記録を伸ばし、跳び方も上手になってきて、できるようになったことを喜んでいます。新しく挑戦し、自分でしようとすることが増えると楽しさを感じますが、うまく行かないことも多くあります。「うまく行かなくても大丈夫。もう一度試してみよう」と思える歩みであってほしいと願っています。子供たち一人一人の興味や関心を重んじ、それぞれのペースを尊重し、子供たちを見守り、小さな発見とともに喜んでいきたいと思います。
posted by office at 12:48| こひつじだより:全般

2018年04月30日

年間テーマ イエス様とともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 包まれる

2018年度の歩みを37名の子供たちとスタートし、共に過ごせることを楽しみにしています。新入児も進級児も、新しい生活が楽しみではりきっていたり、不安を覚えたり、さまざまな思いの中にいるでしょう。その思いをありのままに受け止め、信頼関係を築いていきたいと思います。子供たち自身が愛の交わりを通して、神様の愛に包まれていることを感じ、喜びを持ち、自分を信じ、自分らしい歩みを始められるよう応援していきます。
園長 さちえ
posted by office at 16:10| こひつじだより:全般

2017年12月20日

愛されて育つ 〜一緒に〜

クリスマスに向けて

 こひつじ学園ではクリスマスをとても大切にしています。11月中旬ぐらいから、毎日の礼拝でクリスマスの賛美歌をたくさん歌い、クリスマスのお話を聞いて、みことばをいくつか暗唱します。その中で、神であるイエス様が私たちを救うためにお生まれくださったことを知り、そのイエス様に感謝し、喜び、クリスマスを待ち望んでいきます。
 今年も、おうちの方のためにと小さな手を動かしてプレゼントを作りました。また、素焼きのオーナメントも作って、クリスマスツリーに飾ります。各クラスでも工作を飾りました。
 12月のクリスマス礼拝の日には、おうちの方と一緒にたくさんの賛美歌を歌い、みことばを言いながら、イエス様に感謝します。そのあとの祝会では、初めてのクリスマスのできごとを音楽劇にして全員が出演します。年少組は羊です。年中組は星になってハンドベルを演奏します。年長組は、さまざまな役を務めます。年少組や年中組の子供たちは、お兄さんやお姉さんの姿を見て、「みどり組になったら、○○役をするんだ」と憧れ、皆が張り切って取り組んでいきます。
 クリスマス礼拝、祝会には皆の健康が守られ、心を合わせて神様に感謝する時となるよう祈っています。
posted by office at 16:45| こひつじだより:全般

2017年11月29日

愛されて育つ 〜一緒に〜

今年もさつま芋掘りに行きました。通りがかりのお宅の柿の実が色づき、土手沿いのススキの穂が揺れ、日差しを浴びて光っていました。秋の美しい風景を見、温かい太陽の光とさわやかな風を感じながら、二人ずつ手をつないで畑まで歩きました。

お芋掘りは、株の下の土を少しずつ掘り、見えてきたお芋の周りの土を根気よく掘っていかなければなりません。がんばって掘り出したお芋はいろいろな形をしています。太っちょ芋、細長い芋、ごつごつしたお芋……。どんなお芋でもニコニコ顔で自分のビニール袋に入れました。

お芋を植え、育ててくださったKさんにみんなでお礼をしました。「Kさん、ありがとう」「バイバーイ」と子供たちのことばがとても温かく感じられました。持ち帰ったさつま芋を蒸かしていただきましたが、「先生、おいしかったよ」「ありがとう」と、子供たちに会うたびに感謝のことばをもらいました。

神様が与えてくださった秋の恵みに感謝し、深まりゆく秋を子供たちと一緒にますます楽しんでいきたいと思います。
posted by office at 21:25| こひつじだより:全般

2017年10月28日

愛されて育つ 〜動く〜

 プレイデイはおうちの方々のご参加とご協力をいただき、子供たちにとって楽しい時となりましたことを感謝いたします。プレイデイに向けて鼓隊に取り組むみどり組のようすをのぞいてみると、いつもにぎやかなおしゃべりさんたちが重い太鼓を持ち、先生に言われることに耳を傾け、やる気をもって真剣に取り組む姿に感動しました。き組の子供たちは、プレイデイの後、音楽で小太鼓や大太鼓を初めて触り、とてもうれしそうでした。「次は自分たちの番」という思いでわくわくしているようでした。みどり組が太鼓に真剣に向き合い、誇りを持ってがんばる姿が下の人たちのあこがれになっているように思います。
 今月のねらいは「動く」です。子供たちは、受け入れられ、安心すると、自由に遊びます。認められると自信を持ち、もっとがんばろうとします。友達や先輩にあこがれて、自分もチャレンジします。子供が「動く」までの気持ちや心の育ちをしっかりと見つめて、とらえて、支えていきたいと思います。
posted by office at 20:36| こひつじだより:全般

2017年07月19日

愛されて育つ 〜気持ちよく〜

今年もどろんこ遊び、プール遊びの時の子どもたちは笑顔でいっぱいでした。

どろんこ遊びではおだんこを作ったり、バケツに水をくんでは砂場に流して池や川を作ったり、園庭の一角ではエステティシャンになって手足にトロッとした泥の固まりをつけたり、それぞれ自由に遊びました。躊躇していた子もも自分で少しずつ池に近づいて足を踏み入れて思わずにっこり笑みがこぼれ、気持ちよさを発見したようすにうれしくなりました。

プール遊びでも、水をかけ合ったりビート板で浮かんだりしながら、「先生、楽しい」「あー、きもちいい」と笑顔でいっぱいでした。

多くの子どもたちにとって、土、砂、水とかかわり、手や足の裏の感触を楽しみながら固めたり、崩したりすることは、おもしろく気持ちよいことです。その中で子どもたちは満足し、新しい発見をたくさんしていきます。たくさん遊んで、感じて、心を満たされ、たくましく育ってほしいと思います。
 
posted by office at 00:00| こひつじだより:全般