2017年12月20日

チャレンジカード

みどり組ではチャレンジカードがスタートし、子供たちは寒い日でも元気に園庭に出て、大なわとびや一人なわとび、鉄棒など、汗をかくほど体を動かしています。なわとびが跳べるようになった子や逆上がりができるようになった子もいて、日々の努力が成長につながっていることを感じます。最初はあまり乗り気でなかった子供もいましたが、がんばっている子供にだんだんと影響されて、今では積極的に取り組んでいます。一人一人の努力を認め、悔しさや喜びなど、さまざまな感情を共に分かち合っていきたいと思います。
posted by office at 16:33| こひつじだより:みどり組

初めてのお茶会

お茶の先生のお宅に行き、みんなでお茶会に参加させていただきました。畳の縁を踏まないことや、ごあいさつはお膝で座って手の形を三角にしてお辞儀することなど、お茶会のマナーを体験しました。いつもと違う雰囲気に少し緊張しながらも、もみじまんじゅうやお抹茶をいただき、おまけに金平糖までいただいて大満足でした。みんな「おいしかった!」と言い、大人の味の良さを感じてお抹茶をおかわりする子もいました。
posted by office at 16:30| こひつじだより:き組

せんろはつづく 〜ぼく、わたしの電車〜

11月の絵本『せんろはつづく』を読み、この絵本が大好きになりました。白い紙で包んでおいた牛乳パックに好きなように車輪を貼り、絵を描き、電車を作りました。自分でがんばって作った電車をとても大切そうに持っていました。個性あふれた13個の電車ができ、テープで作った線路の上を走らせました。連結したり、いすや机をトンネルに見立ててくぐらせたりして絵本の世界に入り、友達とかかわりながら電車遊びを楽しみました。
posted by office at 16:27| こひつじだより:あか組

2017年11月29日

愛されて育つ 〜一緒に〜

今年もさつま芋掘りに行きました。通りがかりのお宅の柿の実が色づき、土手沿いのススキの穂が揺れ、日差しを浴びて光っていました。秋の美しい風景を見、温かい太陽の光とさわやかな風を感じながら、二人ずつ手をつないで畑まで歩きました。

お芋掘りは、株の下の土を少しずつ掘り、見えてきたお芋の周りの土を根気よく掘っていかなければなりません。がんばって掘り出したお芋はいろいろな形をしています。太っちょ芋、細長い芋、ごつごつしたお芋……。どんなお芋でもニコニコ顔で自分のビニール袋に入れました。

お芋を植え、育ててくださったKさんにみんなでお礼をしました。「Kさん、ありがとう」「バイバーイ」と子供たちのことばがとても温かく感じられました。持ち帰ったさつま芋を蒸かしていただきましたが、「先生、おいしかったよ」「ありがとう」と、子供たちに会うたびに感謝のことばをもらいました。

神様が与えてくださった秋の恵みに感謝し、深まりゆく秋を子供たちと一緒にますます楽しんでいきたいと思います。
posted by office at 21:25| こひつじだより:全般

秋、満喫!!

雨が多かった夏が終わり、お散歩にはちょうど良い季節になりました。保育所部のお友達も散歩に出かけて元気いっぱい。原っぱでカエルを捕まえると、だれかがカエルに変身してピョンピョン跳ねたり、丘の上からコロコロ転がって「気持ちいい〜」と草の上に寝転んだりして楽しそう。年長児は木登りが好きで、簡単に登っていってしまいます。バッタや草の実にカエル、原っぱの中を所狭しと走り回っています。
posted by office at 21:18| こひつじだより:ラミイタイム

お店屋さんごっこ

10月になって、みどり組ではお店屋さんごっこの活動を始めました。子供たちどうしで話し合って準備を進め、お寿司と温泉屋さん、アクセサリーとお歌屋さん、ゲームとおもちゃ屋さん、レストランとパンとスウィーツ屋さんと、たくさんのお店ができました。折り紙とどんぐりでお財布も作りました。当日は、こひつじ学園のみんなを招待して、「いらっしゃいませ〜」と張り切ってお客さんを呼び込み、どのお店も大にぎわいで商品が売り切れました。翌日も「お店屋さんごっこ楽しかったね」と話して達成感を感じている子供たちでした。
posted by office at 21:15| こひつじだより:みどり組